今値打ちがある古銭を査定に出す

古銭買取店に持ち込まれているのは、旧一万円札などの紙幣シリーズです。お札の顔が変わるたびに、いずれは価値がつく、そう思って収集する人も少なくないはずです。また、大正や昭和のアルミ銭や黄銅貨、寛永通宝や穴銭なども持ち込まれているようです。とある古銭買取を謳う骨董店では、天保通宝が二千円の買取実績でHPに掲載されていました。こうした古銭も買取しているものの、大抵の物は保存状態が悪く、期待以上の価格がつきません。二千円よりも買取をキャンセルした際のキャンセル料を取られて損することもあるようです。最近では、古銭という解釈が幅広いため、昭和の現行コインを持ち込む人も少なくないそうです。一円アルミ貨や菊五十円など、通貨として流通しているにも関わらず、その中から発行枚数が少ない年号別に収集した物が持ち込まれています。しかし、値打ちは期待できないようで、今値打ちがあるとすれば、それは明治金貨という業者の声があります。旧大蔵省放出の金貨の中には数百・数千万円のプレミア価格がついているようです。