確かな目利きによる業者を選ぶこと

古銭買取実績は、経験で裏打ちされるものではありません。確かな査定眼が大事、価値を正確に見出してくれるにもキャリアは重要視すべきです。査定額に納得できなくても買取りさせられた、こうした声も聞かれています。古銭に対する私たちの解釈は、使用できないような古いお金、現行紙幣や現行コインは査定して貰えず、ましてや記念コインは取り扱いされているのかさえ疑問でした。とある古銭買取店では、どのような物をお持ちですか、という質問が返ってきました。それだけ、古銭と一口にいっても種類は幅広いことが分かります。実際に査定して欲しい物には、記念金貨や銀貨、硬貨などがありました。もちろん10万円金貨などなら売却はしませんが、即現金が必要となれば話は別、1万円銀貨や5千円銀貨などは買取も可能という話でした。しかし、期待以上の買取額にはならない、事前にそういう話もしてくれます。記念の物は限定品でなければ、発行枚数が多く、値上がりより値下がりしてしまうようです。知人が銀行員から大量に購入していた物を譲り受けたのですが、両替目的と見なされ、その点でマイナス評価がついてしまいました。結局は査定にすら出さないまま保管していますが、いつ値動きがあってもいいように、業者と情報交換は絶えず行っています。