身近なお金が意外な価格で買取されている

最近では、日本の古銭買取実績よりも、海外コインであったり、プレミア紙幣の買取実績の方が取り上げられています。買取相場はあくまで相場なので、業者のHPに記載のない古銭については何を基準にしての買取額なのかさえ、素人には理解はできないでしょう。真贋鑑定と言いながらも、鑑定士の言うがままに売る方もいるはず、問い合わせたところで信用はせず、数社に査定してもらうことが大事ではないでしょうか。今なら、オンライン査定もできる業者もありますし、古銭商や古銭屋、こうした専門店を利用して意見を聞くのもオススメです。例えば、大判小判の種類には雛小判もあり、80000円の買取実績もあるようです。しかし小判なんてお目にかかることすらマレです。古銭屋では、近代貨幣やプレミア硬貨も買取してくれます。例えば、明治28年の菊5銭白銅貨を運良く持っているならば10000円ほどになるようです。また、さらに現代人にとって身近なのは五輪記念の際の100円銀貨ではないでしょうか。とある古銭屋では120円で買取されていました。また、昭和33年の10円、中でもギザギザの縁になったものならば10円が100円になるようです。